サイト内検索
- 文字サイズ +
印刷範囲
全体プリント
本文プリント

ウェブマネジメント講座とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ウェブマネジメント講座とは?
企業のウェブマネージャー育成のための専門講座
  • 「マネジメント力」「マーケティング力」「チームビルディング力」を体系的に習得
  • 企業ウェブ担当経験者が教材を開発し、学習定着の専門家が監修
  • 「ディスカッション+講義+演習+習慣化」で実務定着

成果につながらないウェブサイト運営をいつまで続けますか?

ウェブ担当者教育で企業が抱えている悩み

どうやって必要な人材を育てればいいんだろう?
いろいろセミナーを受けてみたが、実務に生かせていない・・・
どれも尻切れトンボ・・・

情報戦略におけるウェブサイト運営の重要性は日々高まるとともに、その手法はより一層高度化しています。技術の進歩によって、広告出稿やデータ解析など、高度な施策が手軽に実施できるようになりました。

しかし、それら技術に踊らされて、ツールを導入することが目的化してしまっていませんか?
投資対効果(ROI)を追求しないまま、惰性で貴重な資源を無駄にしてしまっていませんか?

ウェブマネジメント講座開講の背景

ウェブマネージャーとは

ウェブサイト運営に主体的に関与する企業の情報責任者

リニューアル

企業におけるウェブサイトの役割は、事業の成果につなげることです。
そのためには社内の情報責任者が主体的にウェブサイト運営に関与する必要性があります。その役割を担うのがウェブマネージャーです。

ウェブマネージャーにはマーケティングについての知識はもちろん、個人情報保護や著作権など法律について、情報セキュリティについて、ウェブ解析についてなど、さまざまな知識が求められます。
それだけでなく、組織として意思決定をするための情報収集力、部門間調整力、コスト管理力、決断力など高度なマネジメントスキルが必要です。

なぜウェブマネージャーが必要になったのか?

ウェブサイト運営に関与する人が複雑になってきている

企業活動におけるウェブサイトの役割が高まった結果、要求事項も増え、さまざまな立場の人がウェブにかかわるようになりました。
社内でもウェブサイト運営に関わる部署が増えました。一方で、発注先となるウェブ事業者も専門化や細分化が進み、1社丸投げではなく専門分野ごとに依頼先を分けて発注するケースも増えてきています。
その結果、チームビルディングが成功の鍵を握るようになりました。

クリックで拡大クリックで拡大

必要な知識やスキルが多く、片手間業務では追いつかない

企業におけるウェブサイト運営は、かつては「総務部門や広報部門が片手間でおこなう仕事」でした。
しかし、今ではウェブ技術の専門化と高度化のスピードは速く、片手間では技術の進歩についていけません。
また、ウェブサイト運営には法律への理解が必要です。ソーシャルメディアの普及やセキュリティリスクが増えている今では、リスクマネジメントの観点でも、企業として対応すべきことが急速に増えています。

ウェブマネージャーに必要な知識

成果を上げるためには経営戦略や事業戦略との連携が必要

経営戦略や事業戦略とウェブサイト運営が密接に絡むようになりました。
組織としての事業戦略を十分に理解し、それに基づいた情報発信をおこなうことができるのは社内の人間です。

そのため、ウェブサイト運営を業者に任せきりにするのではなく、発注者側での主体的なウェブ戦略立案や意思決定が欠かせなくなりました。

クリックで拡大クリックで拡大

デジタルマーケティング時代を企業が勝ち抜くためにはウェブマネージャー育成を

web-manager

このような背景から、ウェブマネージャーという企業の情報責任者を育成することが、今後のデジタルマーケティング時代を企業が勝ち抜き、事業成果を高めるために重要な意味を持つようになりました。

最近ではeラーニングやセミナーなどでウェブ担当者向け教育研修を受講できる機会が増えてきています。
しかし、テクニカルな知識や手法に焦点を当てた講座が多く、「ウェブサイト運営のマネジメント」を体系的に学ぶことができる場が少ないという現状から、「企業の情報責任者」育成に貢献すべく、ウェブマネジメント講座を開講しました。
ウェブマネジメント講座は企業のウェブマネージャーが身につけるべき「マネジメント力」「 マーケティング力」「チームビルディング力」を体系的に習得できるカリキュラムです。

ウェブマネジメント講座受講のメリット(目的と効果)

  • 企業のウェブマネージャーとして必要な知識、スキル、心構えを体系的に習得できます
  • 社内各部門の連携を高め、良いウェブチームを築くことができるようになります
  • 発注先業者力を引き出し、費用対効果の高いウェブサイト運営ができるようになります
  • ガバナンスが効いたウェブサイト運営ができるようになります

⇒実力定着重視!の講座進行方法

このような方におすすめ

  • 企業のウェブ担当部門(ウェブ運営実務担当者)
  • 経営者、経営企画部(企業の経営部門担当者)
  • 営業企画部、営業推進部(企業の営業部門担当者)
  • マーケティング部、広報部(企業のマーケティング部門担当者)

※組織マネジメントやチームビルディングに関する内容も含まれるため、社員数50名以上の企業において特に役立つ内容となっています。

このようなかたにおすすめ

カリキュラム

業務の流れと事業の成長に合わせて、体系的に学べるカリキュラム。

WebManagementCourse02⇒カリキュラム詳細

講座修了時の達成目標

営業支援、採用活動、IR情報発信、顧客満足度向上など、企業価値向上のために自社サイトを組織的に活用できるしくみを作れるようになること

想定学習時間

合計50時間~100時間(ディスカッション参加度や演習時間によって個人差があります)

注意事項 以下のような事項は、講座内ではメインテーマとして扱いません

  • 基礎用語の解説
    事前に基礎用語をある程度理解したうえで講座に参加すると、より効果的に学習できます
  • テクニックの詳細解説(例:検索エンジンで上位に表示させる手法)
    個別の手法に関しては、素晴らしいセミナーや書籍、紹介サイトがたくさんありますので、講座内では細かくは扱いません(ディスカッションの中で、おすすめセミナーや書籍を適宜ご紹介します)

講座開発責任者

合同会社あやとり COO 谷川 雄亮

監修者

株式会社Be&Do 執行役員 橋本 豊輝
株式会社オフィスアニバーサリー 代表取締役社長 北方 伸樹

選べる2つの受講方法

他企業の仲間と交流したい方は公開講座、企業で集合研修をしたい方は個別企業研修

公開講座オンライン型の公開講座に参加することで、さまざまな企業の受講生が一緒に学び、交流します。
※ウェブ事業者の方はご遠慮いただいています

個別企業研修企業ごとに個別研修を開催します。オンライン型だけでなく、集合研修も可能です。
※ウェブ事業者向けの個別研修開催も承っています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェブマネジメント講座受講をご検討中の方へ

公開講座 公開講座に参加することで、さまざまな企業の受講生が一緒に学び、交流します。
個別企業研修 企業ごとに個別研修を開催します。オンライン型だけでなく、集合研修も可能です。
ウェブマネジメント講座資料 「受講を検討している」「詳しく話を聞きたい」という方はお問い合わせください。
ページの先頭へ